HOME > 福祉介護ヘルスケアシステム

福祉介護ヘルスケアシステム

介護付き有料老人ホ−ム 徘徊お知らせシステム

施設内の徘徊と、施設外への無断外出を管理室へお知らせする目的で導入いただきました。

■AC-Tを携帯した人が、ゲ−トに近づくと、表示盤に「チャイム音」と「番号表示」でお知らせ。
■AC-Tは、常時約15名が携帯されています。
(AC-Tのチャンネルコ−ドスイッチにより、NO.1~15まで設定できます。)

徘徊検知

障害者福祉施設 徘徊お知らせシステム

利用者の、施設からの無断外出を防止する目的で導入いただきました。

出入口及び、1F・2F 階段にAC-Tを携帯した人が接近すると、事務室の表示盤にお知らせします。

徘徊検知

個人歯科クリニック メロディ表示機

玄関のセンサ−が検知すると、メロディ表示機に優しい音でお知らせ、同時にモニタ−テレビに映像を流し、来客を確認します。

■ナ−スコ−ルや医療機器など周囲と異なった音で、はっきり違いがわかります。
■優しい音色で、職員や利用客に呼出音による不安を与えません。
■リモ−ト入力(端子)付き:オ−プン時、スタート入力で鳴動します。A(メイク)接点入力時鳴動しません。
■小型で設置場所を選びません:寸法:幅70×高さ110×奥行32mm (約104g)

メロディ表示機

障害者福祉施設 アクセスコ-ル『徘徊お知らせ(個人識別無し)』

利用者の施設外への外出を防止する目的で導入していただきました。

アクセスコールは高齢者の徘徊検知だけでなく、障害者福祉施設での無断外出を防ぐ目的でも多く採用されています。対象者が送信機を携帯できない場合は、職員や家族が送信機を携帯することも可能です。

徘徊お知らせ

総合病院「トイレ使用お知らせ」システム

病棟のトイレで、入院患者が呼び出しボタンを押せず、発見が遅れる事故を未然に防ぎます。

■ナ-スコ-ル用押しボタンを押せなかった場合トイレの使用状況をリアルタイムに確認し、異常時に明確にお知らせします。

スタッフステ-ション天井に並べた「表示灯」で、全トイレの状況が明確にわかると 好評でした。

表示灯【HY-81】

トイレセンサー

グループホーム トイレ利用お知らせシステム

長時間の利用をお知らせする為、導入されました。
(利用状況もわかります。)
導入後、介護者のトイレへの見回り回数が減ったと好評の声をいただいています。

もしもの時には、利用者のトイレ利用時間が長ければ職員の方にお知らせします。

距離を測定するセンサ-なので掃除など床面変化による誤作動はありません。
また動いていても静止していても検知します。

トイレセンサー

Share on Facebook